女性が少ないエンジニア業界での独立

エンジニアが活躍するIT業界にはもともと男性が多く、女性のエンジニアは未だに少ない状況があります。エンジニアとして活躍する手段として独立してフリーエンジニアになることを目指す人も多いですが、人口が少ない女性にはいないかというとそういうわけではありません。
仕事を選ぶ自由を獲得できるのはフリーエンジニアになる魅力であり、それを活用しようと考えて将来計画を立てている女性エンジニアも散見されています。独立するタイミングは結婚や出産ということが多く、それまではIT企業に勤めてキャリア構築を十分に行っているのが特徴です。

女性が不利になりがちな職場も多いものの、女性らしさを生かしてサービスエンジニアやフィールドエンジニアとして働く人も多く、大きなプロジェクトの中でもマネジメントのサポートをするといった仕事も担えるようになってきています。
その経験を生かして結婚してから独立し、在宅ワークを中心としてフリーエンジニアとして仕事を獲得していくことにより働ける方法を見出しているのです。
子育てを行いながらでも在宅ワークであれば可能であり、請負業務であれば時間の合間を縫って仕事をすることができます。将来的にはまたIT企業に再就職を遂げて大きな舞台で働きたいという女性エンジニアも、このまま自分のできる範囲で子育てや家事をしながら兼業主婦として働きたいと考えている人も、独立することを考えるようになっているのが現状です。