企業と独立での業務内容の違い

独立した場合は企業に勤めていた頃と業務内容が大きく変わります。企業に勤めていた頃で言えば仕事内容はプロジェクトを完成させるための作業を行うことでした。それも役割分担が行われて、自分は1つの作業に集中することになります。コミュニケーションを取って不具合があれば修正するというのも業務のうちですが、それも一人だけで行うものではありません。
対してフリーランスの場合は全ての業務を自分で行います。まず取引先を増やすための営業です。時には飛び込み営業を行って、取引先を増やすことも必要でしょう。取引先が増えてくれば仕事の交渉も自分で行います。クライアントとの交渉次第では高単価な仕事を得られるチャンスもあるので、交渉術を向上させておくと良いでしょう。

スケジュール管理も自分で行う業務になります。一日の勤務時間や納期までの仕事の配分、請け負う仕事量などの調整は全て自分にかかっています。上手いスケジュール管理を行うことができれば、身体的な負担が軽減できます。また自分のスケジュール管理次第では仕事量を増やすことも可能なので、収入アップも図ることができるでしょう。
フリーランスは自分でスケジュール管理を行う分、生活リズムが崩れてしまう可能性があります。生活リズムが崩れれば体調面で悪い影響を及ぼす場合があります。
体調面に悪影響を及ぼさないようにするためには、仕事のオンとオフを明確にしておくことがおすすめです。プライベートの時間を使って疲れを癒すことで仕事の質が良くなります。