フリーエンジニアの仕事の忙しさとは

エンジニアが独立してフリーランスとなれば、仕事はかなり忙しくなります。通常の開発業務の他にも、新しいクライアントを獲得するための営業活動も必要となり、確定申告に向けて帳簿をつける必要もあります。もちろん独立して間もない頃は、仕事の獲得に苦労しますが、業務そのものが少なければそれほど忙しくありません。
ただし、仕事が取れないことに対してのストレスは溜まるようになります。そして順調に仕事が取れるようになれば、仕事が少なかった頃の記憶があるために無理をしてしまいがちです。
フリーランスは時間を自由に使えるために、休みも取らずに働くことも可能です。そして仕事が無くなることへの恐れから、休みも取らずに頑張ってしまうわけです。そのように無理をしても、仕事のパフォーマンスは落ちてしまうので、いかに自分をコントロールするかが重要と言えます。

また確定申告の時期になると、さらに激務となります。そのために日頃から領収書をまとめるなど、できることはやっておく必要もあります。独立すると雑務が増えてしまうので、思うほどに開発業務に割ける時間が少ないことに気づきます。
フリーランスの仕事は、納品が終わってから報酬が振り込まれることがほとんどです。そのために複数の案件を同時進行で行うことになります。その管理をいかに行うかも、忙しさを解消するポイントになります。適度に休息を取ってパフォーマンスを高めることが大切です。